アダチヤ
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


僕は友達が少ない 3巻

夏+隣人部=
先日買った「僕は友達が少ない」の3巻を読み終えました。本当面白いです、これ。著者がやりたいように描いてるというだけありますね。自由人まっしぐら!
それではネタバレ入れながら感想書いていこうです。
まず3巻の話の前にこのシリーズの要旨をば。
主人公の羽瀬川小鷹はタイトル通り友達が少ない(むしろいない)。それを苦に思っていた小鷹は同じく友達がいなく”エア友達”が親友の三日月夜空と部活を作る。その名は「隣人部」。目的は、”友達作り”。そんな部活に次々と入部してくる(残念な)部員達。そんな中で小鷹は友達を作ることができるのか!?
な、感じですw
さてさて、次こそ3巻のあらすじです。
季節は夏。イベントてんこ盛りなリア充の為の季節。そんなんか、隣人部の面々は夏休みも活動ということで、意味もなく部室に集まり、ぐだぐだとする。その状況打破したのはプールに行こうという提案。流石は夏。リア充になるための練習として隣人部は市民プールに向かうが、途中のバスがプール目当ての人たちですし詰め状態。色々ダメな夜空と後輩の志熊理科はダウン。施設の中も人がゴミのようだ。初めての”隣人部でプール”は失敗に終わる。
ある日、小鷹は同じく隣人部に属する柏崎星奈の家を妹の小鳩と訪問した。星奈の父は小鷹の友達であり、学園の理事長。彼が今の学校に転校してきたとき便宜を図って貰い、そのお礼に、とういことである。そこでまぁ、色々とヨッシャー!!なハプニングが起きて読者大喜び。その後星奈父に娘を任される。
プール失敗の反省を踏まえ、海へ合宿!夏らしいイベント盛りだくさん!
などなどでございます。一気には端折ったうえ、最後を飛ばしましたがまぁ、あとは読んで欲しいなぁ、ってことで。ここまでで読んでない人がいて、読みたくなってくれるような紹介が出来ていればうれしいが。

さて、今回の「友達作り」レベル。 ”携帯電話に初めて家族以外のメアドが入った!” ”プール行ってトンボ帰り” ”合宿で色々リア充的なことをする”
二歩進んで一歩退く感じで1アップした!!(ちゃりらりーん)

スポンサーサイト



プロフィール

秋桜

Author:秋桜
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


応援バナー

『処女はお姉さまに恋してる ~2人のエルダー~』2010年6月30日発売予定!


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。